「切手を売りたい」に騙されないために

手元にある未使用珍しい切手を現金化したいときは切手を専門に取り扱う鑑定士に持ち込むのが比較的高く売れます。どのくらいの価値があるか正しく見積もってくれますし、レアな切手もその価値を評価してくれます。
切手は案外多くの買取業者で扱っていますが切手の価値をよく知る業者は少なく、額面と保管状態をチェックするだけで買取価格が決まってしまいます。レアな切手を持ち込んでも、きちんと評価してもらえません。
皆さんグリーティング切手を知っていますか?これは、キャラクターの載っているものや装飾がプリントされているような切手のことです。形についても普通の切手とは違っていて様々なものがあります。通常の郵便物もこれがあれば華やかになるという演出を施してくれる効果もあってコレクターの人にとっても価値を感じるものですから人気も根強いため、高値で買い取られることも多いです。より高値での切手買取を目指すなら当たり前ですが、汚れておらず、きれいなものであるほどそれだけ買取価格も上がります。
ですから、保管状態は良好に保ち、取扱いの際は切手をピンセットでつかむなど保管状態に気を付け、取り扱う際も注意してください。
いつもきちんと保存されているかを確認し汚れが付いたりしないようにすることが大事です。
出来る限り高額での切手買取を目指すなら、金券ショップのようなところではなくて、切手専門の買取業者を選択することが大切です。
選択の際、注目すべき点は、口コミサイトなどを参考に、優良業者幾つかに絞り込んで、個々の業者へ鑑定を申し込み、つけた額が高かった鑑定士に決めるというプロセスを踏むのがお勧めです。
普通、切手の買取と言えば、買い取ってもらいたい切手を業者に直接持っていく、いわゆる「店頭買い取り」が一般的だったのですが、近年は増えつつあるのが、出張や宅配を通して買取を行うお店です。
売るつもりの切手はあるが大量だという場合、わざわざ店頭に持っていくのは大変です。
加えて、店から離れたところにお住まいの方は時間も交通費もバカになりませんので出張や宅配を通して買取をしてもらうのがベターです。多くの切手買い取り業者ではプレミア切手として扱われる切手の買取も承っています。
念のため、プレミア切手について説明すると、明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、「見返り美人」とか「月に雁」というものがよく知られています。とても珍しいものなので、もしもシートではなくてバラの状態であったとしても高値が付く確率が高いです。
切手を業者に買取して貰う時、殆どの場合で、額面の料金そのままでなく、何パーセントか安い値段で買い取りが成立することが殆どです。
しかし、切手にもいろいろあり、その中にはコレクション的な価値を持つものもあり、高額で買い取りに至るなんてケースもあります。
あなたが買取してもらうつもりの切手の大体の値打ちは少しは把握できていた方が安心です。
切手のように大量に収集するケースが多いものの場合、それらをひとまとめにして、実際に業者に直接行って店頭で買い取りしてもらうとなると、査定にそれだけ時間がかかることになり大分待たされるかもしれません。
それに比べて、ネット上で出来る切手査定は、どこにいて何をしていても、手続きしてもらえるので、有効活用できます。
紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、それならば切手が破れたらどうすればいいのでしょう。
郵便局では、破れてしまった珍しい切手を交換するということはしていません。では、破れた珍しい切手は使えないのでしょうか。破れ方が極端な場合は使えませんが、ちょっと破れたぐらいで、額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならそのまま使用可能でしょう。ただし珍しい切手買取業者に買取をしてもらうということは難しいでしょう。
切手は一度使ってしまったら、もう買い取ってはもらえないだろうと想像している人もいるでしょうが、案外、そうではないかもしれなせん。
とりわけ、古くても保存の状態が良好で集めている人にとっては魅力的なものだった場合、もし使ってしまった切手だったとしても、買取に応じてもらえる場合があります。
もしもあなたの自宅にそんな切手があれば、まずは切手買い取り業者に連絡をしてみることをお勧めします。