お墓の歴史 

お墓の語源や由来については諸説ありますが、有力なのは「果処(はてか)」や「葬処(はふりか)」だといわれています。さらには、生と死の開か遥かだという考えから「遥か(はるか)」や「優し(はかなし)」だという説も有力だといわれています。漢字としては、墓の「莫(ばく)」の部分は太陽が草の中に沈んで隠れるとを示しており、墓には死名を見えなくする盛土という意味があります。
《古代日本の墓は「死者の霊を封じ込める」意味が》
日本の埋葬の文化をさかのぼっていくと、繩文時代にいきつくといわれています。この頃はまだ今のような墓はなく、単に穴を掘り、そこに亡くなった人をかがめるような姿勢にして埋めるというものだったようです。のちに遺跡として、遺体を埋めたと思われる穴が見つかり、土坑墓(どこうぼ)と呼ばれています。なお、土器が副葬されていることも多く、この頃すでに、埋葬に故人を弔う意味が込められていたと考えられています。弥生時代になると、遺体とともに装飾品を埋めるといったことも行われていたようです。
一説によると、古代は死名に対して畏怖の念が強く、遺体から魂が抜け山して生きている名に害を及ぼさないよう、あるいは魂が鎮まるように封じ込めるという考え方が埋葬の習わしにはあったといわれています。《古墳時代は権力の象徴に》紀元後3世紀頃になると、時の権力名が亡くなった際に巨大なお墓が建てられるようになりました。https://www.shunjuen.or.jp/いわゆる古墳で、紀元後7世紀頃まで大きな古墳がいくつも建てられていたため古墳時代と名付けられています。最も有名なのは、大阪の仁徳天皇陵ではないでしょうか。
全長486mもある巨大な前方後円墳で、クフ王のピラミッド(エジプト)、始皇帝陵(中国)と合わせて世界三大墳墓と呼ばれています。ただし、古墳はあくまでも権力名のお墓であり、庶民のお墓は縄文時代とほとんど変わらない形式だったようです。