以前にもましてパワハラがひどくなり退職を決意

元々上司のパワハラが酷い会社でしたが、1年程前から長く働いていた社員が続けて退職し、私へのパワハラが更に酷くなりました。

自分のミスで怒られるなら仕方ないのですが、上司の仕事の指示がとにかく下手で、言うことも毎回変わるので、上司の思い通りに働くのは至難の業だったのです。

どうやったら怒られないかばかりを考えて、上司の顔色ばかり見て働くことに疲れました。

また、欠員が出ても補充することなく、残った人間の残業が増えて、ストレスが溜まる一方でした。

また、同じ部署の人たちもコミュニケーション能力が引く、みんながバラバラで仕事をしている状態が辛かったです。上司に似て、起伏が激しく、物を投げたりする人もいました。

こんな人たちの顔を見なくて済む人生を選ぼうと思い、転職を決意しました。
会社を辞めたいと思った理由は、セクハラです。
状況は、実際に触られたりはありませんでしたが、言葉でのセクハラが酷いと思ったので、辞めたいなと思いました。
もぉいい歳だから早く結婚した方がいい・子どもは早めの方がリスクが少ないなどと男性社員(管理職)に言われました。
また、産休に入る前にも、数多くの言葉によるセクハラを受けました。
その時の心情は、赤の他人の男性職員にそんな事言われたくないですし、すごく惨めな気持ちになりました。
これから出産して楽しい事が待ってるのに、セクハラされたことを思うと吐きそうになりました。
会社の駒