切手を売りたいに明日は無い

切手は思いの外メジャーな収集対象で高値がつく珍しい切手も出回っています。大都会でなくても、切手買い取り専門店があり、生き残りをかけて価値のある珍しい切手を求めており、その将来性も含め、思っているよりも市場のスケールが大きいことを推測できるでしょう。インターネットは切手収集にも大きな変化を及ぼし、ネットを介して売買することも増え、今後、さらに市場が拡大すると思われます。
もしあなたがたくさんの切手のコレクションをお持ちなら自分で店頭に持っていく方法よりも、いわゆる「出張買取」という方法を使うことが、賢い買取のコツです。近頃は、切手買取専門という業者もでき、さかんに出張買取を行っている鑑定士も増えています。
出張買取のいいところは、わざわざ店まで行かなくてよくなり、より丁寧に査定をしてもらえる可能性があるという点です。
業者に切手を買い取ってもらうには、シート状になっている切手でなければ受け付けられないだろうと思い込んでいる人もいるでしょうが、纏まっていない切手でも売ることは可能です。
とはいえ、どうしても切手シートよりは低価格の買い取りになりやすいです。たとえば、汚れが見つかったり、糊がとれているのが分かればより安い金額で買い取られることになることが多いです。切手を売るときには、自分でお店に持って行けば即日買い取ってくれるようなお店が多数存在しています。郵送のように手間もかからず、加えて、即現金に換えることが出来るため、お急ぎの際にはとても役立ちます。
見ているところで鑑定してもらえるので、それも安心できていいですね。当日、業者に買い取ってもらうというケース、本人確認が出来る書類の提示が必要ですので、免許証や保険証、もしくはパスポートなど、忘れずに持って行って下さい。長年、切手を集め続けている方の立場からすると、買い取ってもらうことは、かわいい我が子との別れぐらいの感情になってしまうかもしれません。どちらにしろ手放してしまうのであれば、出来るだけ高額買い取り可能なところを探した方が賢明です。
手離してしまう切手からしてみても、その方が、本望だろうと思うからです。
珍しい切手を買い取ってもらう時、気を付けるべきことは、信じられないような悪徳業者が存在しているということです。
私たちの専門知識のなさに悪徳業者は目を付けて通常の取引額よりものすごく安価での買取を持ちかけてきます。完璧に見抜くことは難しいですが前もって、利用した人の声を調べておけば、悪徳業者から身を守ることが出来るのではないかと思います。
大体の切手買い取り業者は、「プレミア珍しい切手」という名前の切手の買い取りも受け付けています。「プレミア切手って何?」という人も多いと思います。
これは、明治から昭和の戦後あたりの時代の切手を指し、「見返り美人」とか「月に雁」というものがよく知られています。
めったにないものなので、10枚以上としてでなくバラであっても高価格での買い取りになる確率が高いです。
余った年賀はがきや、書き損じの葉書を郵便局で交換するときは、切手に交換するのがおすすめです。
金券ショップよりも、専門業者で売れるようにするため切手がシートになるよう、枚数を調節して交換しましょう。
同じ切手の鑑定でも、買い取り店によっては買取価格が異なることに注意してください。手間を惜しまず、専門業者を何軒か訪ね買取プライスが一番高かったところで買取をお願いしましょう。珍しい切手は紙製であるということから、結構、破れたり劣化したりしやすいものです。ことさら、温度や湿度に弱いので、高く買い取ってもらうためにもどのように保管するかは大事です。ストックリーフとかストックブックをうまく使って直接日の当たらないところで保存してください。湿気が多い場所もやめてくださいね。
珍しい切手収集が趣味だった方の遺留品が残っていたり、使い道のない切手が余っている場合、いっそのこと切手を業者に買い取らせようと考える人もいるかもしれません。
この時、大事なことは、買取鑑定士をどうやって選ぶか、です。よほどのマニアならともかく、一般的に詳しい人は少ない分野だと思いますので、今までの切手の買取の実績についてと、評判はいかがなものかを考慮しながら、どこの鑑定士にするかの選択を行うことをおすすめします。