実は人間でも冬眠ができる

冬眠から起こしてしまった動物は研究所で保護するつもりである私は持ってきたて桜の木の幹を切り裂いたなんだこれは私は切り開かれた機の中身を見て思わず絶句した。
中からは動物ではなくとろりとした液体のようなものが出てきたんだこれではまるで昆虫のさなぎではないか私は切り開かれた期を前に戦慄した。
昆虫は成虫として生まれ変わるためにさなぎになるではこの木の中で吐いた動物も冬を越した後は別の生物になっているのでは私はもっと研究を重ねるために次の年森に住むのうさぎに嫌だ そののウサギが木の中で冬眠した結果を観察しようと考えたのだ。ただし、e-Liveの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、私は日夜のウサギの観察を続けたある日のうさぎは普段の生活圏を出て森の奥深くに住んだ。
いよいよ冬眠の準備をするのだろう私は兎を追いかけて森の中に入った。
野うさぎはしばらく森の木々の間を移動し続けそしてある一つの機能を追われているみきの中に入ったよしこれで来年の春にいやータグをつけているウサギを見つければまた一つ研究が進むぞ私はのうさぎの入ったきがみきを完全に閉じるのを待ってからその場を後にしたが思った以上に時間が経っていたらしく帰り道の途中で夜になってしまった。
真っ暗になった森を進むのは危険だと判断した私はそのまでの軸をすることにした山火事にならないよう慎重に薪を焚いた後手頃な木に腰掛けた。
私は想像以上に体が疲れていることに気がつきその場で気を失うようにして眠ってしまった。
目を覚ますとすでに森に光が降り注いでいたもう塾なのに随分ぐっすりと眠った気がする。
足元を見ると昨日まで積もっていたはずの雪がないその代わりに春の植物が芽吹いていたと私の足の間をいやタグを付けたのウサギが跳ねていったそののウサギを目で追いながら私は焦燥感に駆られていた私は何かをしようとしていた気がするしかしそれが何かまったく思い出せないのだ。