郵送に比べて短時間でファクタリング会社まで届ける

郵送ファクタリングとは、ファクタリング取引に係る全ての手続き(申込み~契約・入金)を郵送で一括して行うことをいいます。もちろん郵送で処理するためファクタリング業者と経営者との面談機会もありません。

一般的なファクタリングの手続きでは、ファクタリング業者が経営者との面接を重視しているため対面申込みが多いのですが、郵送ファクタリングではそれもありません。

郵送ファクタリングを利用する場合、利用者はそのメリットやデメリットを十分理解した上で活用する必要があります。この章ではまず郵送ファクタリングのメリットに注目して詳しく説明します。

コンサル業務を依頼すれば、飲食店経営&立ち上げの経験がある社長自らサポートしてくれることもありますが、ファクタリングのみの場合は経験の浅いスタッフによる対応になります。 1回きりの利用だったので、来店不要という利点で納得しましたが、次からはもっと良い業者を使いたいです。

気になるファクタリング会社が見つかれば、最初に行うのは「申込み」や問い合わせです。番号がわかっていれば電話で連絡することも可能ですが、おすすめはサイトからの申込みです。

無事に契約手続きを終えることができれば、いよいよ売掛債権の買取が実行されます。この代金はもちろん対面で直接受け取る必要はなく、指定した銀行口座への振込によって受け取れます。

郵送ファクタリングのメリットと利用の流れ