離婚にはいろいろと費用がかかります。

たとえば別居中には生活費といわれている婚姻費用も必要になりますし、離婚するときには慰謝料や財産分与、子どもがいる場合には教育費も必要になります。これらの離婚給付金は必ずトラブルや問題になることとして知られています。例えば女性で専業主婦の場合には離婚をしてからも離婚をする前と同じレベルの生活を続けるというのは絶対に不可能です。仕事がすぐに見つかって安定した職業につけるとも保障はありません。男性の場合でも、子どもを妻が親権を持って子育てしていく場合には養育費を仕送りしなければいけませんからお互いお金が必要になります。離婚をするというのは夫婦の間のことだけでなく毎日の生活の面でかなりお金がかかってしまいます。お金については離婚してからどうなるのかよく考えたうえで離婚を決めた時から情報収集をしたり、準備や心構えなども必要になります。離婚の慰謝料は結婚をしている時に苦痛を受けた場合に損害賠償金としてもらいます。金額などは特に決められていませんから双方の話し合いになります。請求できる期間があり不法行為から3年以内とされています。そして離婚の際の財産分与についてですが、結婚をしている時に二人で築いた財産を分けます。貢献度によって財産は変わってきます。こちらは請求期間が離婚が成立してから2年以内と決められていますから、離婚が成立してすぐにでも財産についての話し合いを持った方がいいでしょう。